生活を見直し美容液などの化粧品を利用してシミを対策しましょう

シミのない肌のために

シミに効く化粧品を選ぶ

シミに効く美容液を選ぶには

美容液を選ぶ際の注意点やコツなどを紹介しています。どういった美容液がシミに有効かを理解して、化粧品を選ぶ際に役立てましょう。

READ MORE

シミを予防対策するには

できてしまったシミを治すにはどうすればいいか

加齢によってどんどん増えてしまうシミですが、日頃のケアで予防・改善をすることや病院などで治療をすることができます。自身にあった方法を探して試すことで、美肌を保つことが必要でしょう。シミは一度出てしまうと、消えることはありません。ここは、シミ対策をした上で薄くしていくことが一番の有効なケアとなります。

自身でできる身近な治療

シミは自身でケアをすることができます。美白効果入りの美容液を利用することで、肌が白くなるのと合わせてシミが薄くなったといった例などもあります。適切な生活をケアを送ることで改善させたり、予防をしたりすることもできます。予防をしておくことにより、加齢によっていきなりシミが増えるといった肌トラブルは避けられます。ですから、早い段階で積極的に予防ケアをはじめていくようにしていきましょう。

施設でできる治療

シミは自身での改善が難しい場合、皮膚科などでシミを取る施術をすることができます。レーザーや光治療などが一般的とされていますが、最近では服用薬でも効果が得られることがあります。あらゆる方法で厄介なシミに対してのケアができるようになっているのは嬉しいことでしょう。まずは簡単な方法から始めたいという場合は、まず処方薬の服用から試してみてはいかがでしょうか。

コラーゲンを取り入れる

コラーゲンは肌の周期を改善させる効果があります。積極的に摂取することで、肌周期の間隔を早くしてシミの原因となるメラニンを押し出すのに効果的です。

肌にシミができる原因

紫外線の対策不足

紫外線にはUVAとUVBといった2つの種類があります。UVBの紫外線は、紫外線が体内に入ってくると、身体は細胞を守るためにメラニン色素を作りだします。このメラニン色素を作る運動が続いてしまうとシミの原因になります。

活性化酸素

活性化酸素もメラニン色素を作るきっかけになってしまいます。活性化酸素が体内に発生するきっかけは様々で、主にUVAの紫外線や喫煙、排気ガスなどが原因でしょう。

刺激の強い化粧品などからくる炎症

皮膚に炎症がおきてしまうと、炎症によりダメージを抑えたり回復するためにメラニン色素も発生してしまいます。発生したメラニン色素は色素沈着が起こり、これがシミの原因となるのです。

睡眠不足や不規則な生活も原因に

不安定な生活や充分な睡眠をとらないことでも、メラニン色素は発生してしまいます。そのため、適切な睡眠と規則正しい生活を心がけることが身近にできる予防の第一歩です。

スキンケアによるシミ

スキンケアは、美肌を保つためには必要なケアです。しかし、この際に強くこすって肌に刺激を与えてしまうと、メラニン色素が発生するきっかけになってしまいます。

キャンメイクのティント情報
色の比較などが簡単に行なえる

眉ティントの使い方を詳しく解説!
消えない眉を作ろう☆ アスタリフトの口コミを確認
体験レビューを調べておこう

【PR】
オンリーミネラルの種類
肌のツヤ感を出したい人は必見!

appsの化粧水を試してみよう!
サイトからGETできる★

シミについてのあれこれ

シミができやすいタイプはあるのか

日本人の肌の状態には3タイプあります。これは日焼け後の肌の状態で判断ができます。
(1)すぐに肌が黒くなる人
(2)肌が赤くなって、その後に黒くなる人
(3)日焼け後、赤くなるだけの人
シミができやすいとされているのは、肌が黒くなる(1)と(2)のタイプの人といわれています。

ケアで改善した後でも対策は必要か

シミは改善した後でも、再発する可能性は少なくありません。改善したからといって油断することなく、紫外線などの予防と対策を続けていくことで、再発や新しくシミができるのを防ぐことができます。

ストレスもシミに関係があるのか

ストレスは、肌を老化させてしまう活性酸素を増加させます。この活性酸素は、肌の細胞を「酸化」させてしまうのです。そして、酸化してしまった細胞が蛋白質と結びつくことで、シミになってしまいます。そのため、ストレスはシミの増加に繋がるといえるでしょう。

年齢によってシミは増えるのか

人間の皮膚は基本的に28日周期で新しく生まれ変わりますが、この日数は加齢により増えてしまいます。若いうちなら日焼けをしてもだんだんもとの肌の色に戻りますが、年をとるとメラニン色素が皮膚に残ってしまい、シミが増えてしまいます。

ビタミンCはシミに効くのか

ビタミンCはシミの原因となる「活性酸素」を退治する作用もあり、美白効果に優れた成分といえます。そのため、肌につけた後でビタミンCに変化して働く「ビタミンC誘導体」と呼ばれる成分が開発されて、美肌の万能成分として認知されています。

広告募集中